仕組みと種類

そもそも蓄電池とはどのようなものを指すのでしょうか。どのようなアイテムで、そしてどのような仕組みで成り立っているのかなど、家庭用・業務用関係なく、まずは蓄電池の基本的な情報をご紹介したいと思います。実は既に様々なところで私たちは触れているのですが、あまり気付かれていないことが多いのです。

蓄電池とは何か?

電気を蓄えると書いて「蓄電」です。ただ蓄えることができるだけではなく、もちろん使う(放電)こともできます。電気を使っては蓄えて、使っては蓄えて・・・といったように繰り返すことができるものを蓄電池といいます。

実はもっと一般に知られている別の名称もあります。充電池やバッテリーというとすぐに分かるのではないでしょうか。家庭でもよく使われるようになった充電池、携帯電話やデジタルカメラに使われている電池、自動車に搭載されているバッテリー、これら全て蓄電池と言うことができるのです。

仕組み

電気を蓄えるのだから仕組みもかなり複雑なのではないかと思われるかもしれませんが、前述の通り、電子機器の充電池や自動車のバッテリーと同じです。蓄電池内の電気が無くなったら専用の充電器などを使用して充電します。

ちょっと専門的な言い方をすると、電池の電極に電源回路を接続して、電流を流すことによって充電します。携帯電話やデジタルカメラの充電のようにコンセントから引っ張ってくることもあれば、蓄電池が備わっている太陽光発電のように、太陽光のパワーを電気に変換して、それを電池内に蓄えるというケースもあります。

種類

一口に蓄電池と言っても様々な種類のものがあることをご存知でしょうか。現在一般に広く普及しているものには「鉛を使用したもの」「リチウムイオンを使用したもの」「ニッケルを使用したもの」の3種類が挙げられます。

鉛を用いたもの

まずは鉛を用いたタイプのご紹介です。名前はそのまんまで鉛蓄電池と言います。文字だけ見るとなんとなく私たちの生活とは無縁なイメージがしますが、自動車に搭載されている「バッテリー」がこれにあたります。

自動車保険のCMでも良く登場する「バッテリー上がり」という言葉は、車に搭載された鉛蓄電池が、蓄えられていた電気を放出しきってしまった状態を指します。バッテリー上がりを起こしてしまった際には、新しいバッテリーと早めに交換するように言われますが、それは放電しきると鉛蓄電池の電極が劣化してしまうためです。

リチウムイオンを用いたもの

次にリチウムイオンを用いたタイプのご紹介をします。その名もリチウムイオン二次電池です。二次電池=蓄電池ですので、こちらも名前そのまんまと言えます。電気自動車に用いられることもあるので、電池メーカーだけではなく、自動車メーカーでも研究が進められています。

ちなみに電気自動車よりも更に私たちの身近で、このリチウムイオン二次電池は活用されています。それは携帯電話とデジタルカメラです。どちらも電池パックを目にしたことがあるという方が多いのではないでしょうか。これらに搭載されている電池パックの中にリチウムイオン二次電池が入っているのです。

ニッケルを用いたもの

最後にニッケルを用いたタイプのご紹介をしたいと思います。こちらはニッケル水素蓄電池という名前で知られています。大手家電メーカー三洋電機が販売しているエネループという製品がこれにあたります。形も一般の乾電池と同じです。

エネループが一時期かなりPRされたので、既にお使いの方も結構いらっしゃるのではないでしょうか。充電することによって繰り返し使うことができるので、乾電池よりもコスト削減になりますし、環境にも優しいとして注目を集めています。

まとめ

こちらの項目では蓄電池の種類として、主に使用されている3つのものを取り上げてご紹介させて頂きました。前述の通り、それぞれが異なる特徴やメリット・デメリットをもっていて、用途も全く異なります。

実際のところ、これらの情報を知っていたからといって何か得をするということは少ないと思いますが、ひとつの知識として頭の片隅に入れておくのも無駄ではないかと思います。ぜひなにかの参考になさってみて下さい。