みんなの意見

更新日:2018年8月13日

蓄電池や家庭用蓄電池に関する意見を当サイトで募集したことがあるのですが、その際に頂いた意見を5つご紹介します。メリットに関する記述や価格に関する記述が多かったという点が特徴的でした。

●●家庭で電気をストックできれば、地震や災害時の緊急用に利用できるので、便利だと思います。ですが、家庭用蓄電池はまだまだ価格が高いものが多く、補助金制度を利用するとしても、一般家庭にはまだまだ普及しづらいのではないでしょうか。

それに、太陽光発電を利用して家庭用の蓄電池を取り付けるにしても、それに適したスペースなども考えなくてはいけません。また、雪国の冬期間の日照不足など、地域の特性も視野に入れ、考えなくてはいけない課題だと思います。

●●蓄電池を導入しようと思っている方の中には、価格を一番気にされている方がかなりいらっしゃると思います。しかし現在では、蓄電池と太陽光発電を組み合わせて導入したりすることによって、政府から補助金を受けることが出来るのです。

そのため、思っているよりも安く導入することが出来ると思いますので、導入してみるのも良いかもしれません。いざというときにも役に立つことが多いと思います。住宅用蓄電池の導入は電気の保険と考えてみてはいかがでしょうか。

●●もっと一般住宅用の蓄電池が普及すれば良いのにと前々から思っていました。今の送電線で電気を送る技術はロスが多すぎるので、そのロス分を蓄電池という形で家や企業などでためておくことができれば、かなり効率的に電気を使うことができると思っています。

確かに技術的に蓄電池の技術が実用化には至っていないというのも分かりますが、より利用価値のある技術であると私は思っていますので、国が予算をつけるなど、より一層の技術向上を目指すべきだと思っています。

●●現状、次世代のエコカーとして電気自動車とハイブリットカーがあるのですが、これが性能アップするためには蓄電池の技術革新が欠かせません。

今の蓄電池の性能であれば、電気自動車の走行距離があまり伸びないのです。だからといって、走行距離を伸ばすためにたくさんの蓄電池を搭載することは、車重が重くなりすぎて燃費が悪くなってしまうという矛盾と抱えてしまいます。まだまだ蓄電池そのものの重量も重すぎるという状態です。

要するに、蓄電池が容量が拡大され、軽量化することが重要ということです。大容量化と軽量化に成功すれば、電気自動車の性能が格段にアップすることになり、地球全体の二酸化炭素排出量を減らすことができます。また、軽くて持ち運びができるようになるため、一般住宅への導入も進むと思います。

●●最近、蓄電池が注目を浴びています。蓄電池には、様々なメリットがあるのですが、一方でちょっと困ったデメリットもあるのです。それが、導入のための費用が高額であるということです。

蓄電池を一般家庭に導入するためには、数十万円ほどが必要ということですので、コストを回収することが結構難しくなってしまうのです。しかし、技術の進歩で今後、価格が下がれば導入するメリットが大きくなるのではないかとも思っています。