定義と仕組み

Home Energy Management System(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)を省略した言葉がHEMSです。その名の通り、家庭のエネルギーをマネジメントするシステムのことを指すのですが、こちらのページではそんなHEMSの定義や具体的な役割を簡単にまとめてみました。

定義

「HEMS=○○である」といったような厳格な定義はありませんが、家庭内のエネルギーを管理することによって省エネを実現するシステムのことを意味します。これまで私たちは自宅のエネルギーを管理するという発想があまりありませんでしたが、HEMSを導入することで管理することができ、省エネに繋がるのです。

エネルギーの見える化

HEMSの最大の特徴は「エネルギーの見える化」をすることができるという点です。これまでは毎月電力会社やガス会社から送られてくる使用量の明細書を見るまでは、実際にどれだけのエネルギーを使用したか把握することができませんでした。

また、送られてきた明細書を見ても総使用量と料金が掲載されているだけで、どの電子機器やガス機器がどれだけのエネルギーを使用したのかを知るすべはありませんでした。それがHEMSを導入することによって分かるようになるのです。

「どの電子機器がどれだけの電力を使用しているのか」「どのガス機器がどれだけのガスを使用しているのか」などといったことがリアルタイムで把握することができるようになるため、利用者の省エネへのモチベーションも高まります。

こちらでは電力とガスについて例を挙げましたが、電力のみを測定するタイプや、電力とガスに加えて水道の使用量も測定できるタイプなども用意されています。

エネルギーの制御

前述の見える化と並んで大きな特徴と言えるのが「制御」です。HEMSを導入するとiPadのようなタブレット端末や、iPhoneのようなスマートフォンなどを通じてエネルギー使用量を確認することができるのですが、実は確認するだけではなく、そこから更に一歩進んでコントロールすることもできます。

家の中にいるときはもちろんのこと、外出中でもお手持ちのタブレット端末やスマートフォンやパソコンなどでインターネットに接続し、ネット上の操作で電子機器を制御することができるのです。また、単純な遠隔操作だけではなく、細かな条件を指定して電子機器の出力調整や電源のオンオフを制御することもできます。

仕組み

ここまでエネルギーの見える化と制御の話をさせて頂きましたが、最後に簡単にHEMSの仕組みをご紹介したいと思います。専門的な技術に関するところまで解説すると難しい話になってしまいますが、概念的な部分はいたって単純です。

  • 家庭の電子機器を無線のネットワークで繋ぐ
  • 分電盤に電力測定用のユニットを設置する
    (コンセントにユニットを設置するタイプもあります)
  • ユニットが測定したデータをタブレット端末やパソコンなどで見る

以上の3点だけです。見える化と制御の項目では分かりやすいように省エネに関する点だけをクローズアップしましたが、家庭用太陽光発電システムや家庭用蓄電池や電気自動車などもネットワークで繋ぐことができるため、蓄エネや創エネにも役に立ちます。HEMSはまさに家庭の全てのエネルギーを管理することができるのです。