メリットと課題

各家庭がエネルギーへの関心を持って、省エネや創エネや蓄エネに取り組むためには、HEMSが大きな役割を果たします。その仕組みは他のページで解説しておりますのでこちらでは省略させて頂きますが、HEMSを導入することによるメリットは色々あります。ただし、クリアするべき課題もいくつか残されています。

メリット・利点

まずはHEMSのメリットをいくつかご紹介したいと思います。

エネルギーの見える化

最初のメリットはこちらです。HEMSを導入することによって、その設備がどれだけのエネルギーを使用しているのかが一目瞭然になります。どの設備が特にエネルギーを使っているのかを把握することで、効率的に省エネに取り組むことができます。意外なモノが予想以上にエネルギーを消費しているというケースも少なくありません。

エネルギーの制御

制御とはコントロールのことです。「消費電力量がある値に達したら電源をオフにする」「気温が○度を下回ったら風量を下げる」「○時から照明を段階的に暗くする」などといったような様々な家電の制御をすることができます。事前に設定しておくことで自動化することもできますし、屋外から遠隔操作することも可能です。

省エネ・創エネ・蓄エネの連携

HEMSが連携できるのは電化製品だけではありません。水道・ガス・太陽光発電・蓄電池などといったエネルギー関連設備とも連携することができます。

「水道やガスの使用量」「太陽光発電の発電量」「蓄電池の蓄電量」の把握はもちろんのこと、電力需要の大きい日中は太陽光発電による電力や蓄電池内の電力を使用して、需要の小さい夕方以降は電力会社提供の電力を使用するなどといったこともできます。

この考え方をピークシフト(ピークカット)と言いますが、昼間の電気代が夜間の電気代よりも高いプランで電力会社と契約している場合、年間を通して見ると総電力使用量は同じでも、電気代はかなり節約できることになります。

課題・問題点・デメリット

エネルギーの未来を担うHEMSですが、良いことばかりではありません。これから更なる普及に向けて、乗り越えていきたい課題や問題点も残されています。

コストメリットの不明確さ

家庭に導入するHEMSや、商業ビルに導入するBEMSの大きなメリットの一つが、省エネによる節約です。

導入することでエネルギー管理の効率化が進み、電気代やガス代の節約になることはもちろんなのですが、一方で導入するための初期コストがかさんでしまうため、コストメリットがさほど魅力的に感じられないことも少なくありません。

国が導入を支援しているため、補助金制度も設けられていますが、やはり初期コストがある程度は発生してしまうということもあり、自ら進んでHEMSやBEMSを導入しようとする家主やビルのオーナーは少なめです。

知名度が低い

こちらも大きな課題の一つです。テレビで紹介されたり、ラジオで解説されたり、といったようなメディアへの露出が少ないことから「HEMS」が消費者にあまり知られていないという現実があります。

同じエネルギー関連でも、太陽光発電システムはかなり知られるようになりましたし、電気自動車やスマートハウスなどといった言葉もメディアで見聞きすることが増えてきましたが、「HEMS」という言葉そのものを見聞きすることはまだ少ないです。

このようにあまり知られていない、言わば得体の知れないものをお金を払ってまで導入してみたいという方は少数派でしょう。HEMSを各家庭に普及させるためには、官民共により積極的なPR活動が必要と言わざるを得ません。