原子力発電

2011年3月に起きた東日本大震災以来、日本のみならず世界的に、良くも悪くも注目されているのがこの原子力発電です。大量の電力を賄うには最適な方法ですが、万が一事故が発生してしまった場合、広範囲にわたって甚大な被害を及ぼすという大きな問題点も抱えています。そんな原子力発電の特徴をご紹介します。

特徴

火力や水力と同様に、日本において多くの電気を生み出している発電方法です。仕組みとしてはウランを核分裂させ、そこで生じた熱エネルギーを利用して水から蒸気を発生させ、その蒸気の力によって蒸気タービンを回し発電します。

水を熱して蒸気を作りタービンを回すという方法は火力発電と同じですが、発電時に二酸化炭素を全く排出しないということと、莫大な量の電力を安定して供給することができるという特徴があります。

長所・メリット

最大の長所・メリットは発電量です。エネルギー資源が乏しい日本において、非常に大きな量の電気を安定して供給することができるというのは、かなり大きなメリットであると言えます。日本だけではなく、他のエネルギー資源に乏しい国にとっても同様です。その他の長所・メリットは以下の通りです。

  • 発電コストが安い
  • 発電時に二酸化炭素を排出しない
  • 安全に運用できれば技術力の高さの証明にもなる
  • 窒素酸化物や硫黄酸化物などといった有害物質を排出しない
  • 原子力発電所ができた街には雇用や税収の面でメリットがある(原発特需)

短所・デメリット・問題点

逆に短所・デメリットとして問題点となっているのは潜在的な危険性です。福島の原子力発電所の事故やチェルノブイリの事故でも大きく報道されましたが、重大事故が起きることで人間や動植物に致命的なダメージを与えてしまうというリスクがあります。その他の短所・デメリット・問題点は以下の通りです。

  • 放射性物質の漏洩のリスク
  • 日本では原子力発電の技術者が減少傾向にある
  • 事故発生という潜在的なコストを考えるとコストは高いとも言える
  • 重大事故の影響は周辺のみならず、場合によっては地球全体に影響を及ぼす
  • 事故が起きて高レベルの放射線や放射性物質が漏洩すると、発電所に人間が近づけなくなるため、修復が極めて難しくなる

賛成派と反対派

(こちらの特設ページもご参照下さい:原子力発電の推進派と反対派の意見
福島第一原発事故以来、日本国内でも原子力発電に賛成派と反対派がありますが、実は世界的に見ても同様ということができます。国単位でいうとアメリカやフランス・中国・ロシアなどは賛成派、スイスやベルギー・ドイツなどは反対派です。

日本は世界的には賛成派とされています。国際原子力パートナーシップに加盟しているためです。また、原子力発電所を作る技術力も世界屈指と言えます。実際に日本企業が他国で原子力発電所の製作を受注することも多いです。

ちなみにこの「国際原子力パートナーシップ」ですが、多くの国々が加盟しています。前述の賛成派の国々に加えて、オーストラリアやカナダ・イギリス・ポーランド・ウクライナ・韓国など全部で35以上もの加盟国があります。

現在の発展途上国の国々が、今後経済発展と共に膨大な電力を必要とすることはほぼ確実で、その際の発電方法として、膨大な電力を生み出すことができる電子力発電に注目が集まることは間違いありません。

ただ、チェルノブイリや福島のような原子力発電の事故が起きることのないように、安全管理は徹底する必要があります。賛成派・反対派いずれにしても、安全性という項目は最重視しなければなりません。

賛成派の意見

●●原子力発電を推進すべき理由は2つあります。1つは地方創生の観点です。原発がある地域の経済を支えているのは、発電所関連の雇用と所員による消費です。ほとんどの地域が本来なら過疎になる場所ですが、原発のおかげで何とか持ちこたえています。

自治体に落ちる税収や補助金も大きいものがあります。それだけ大きなリスクを抱えている代償ですから、額が大きくなっており、原発を抱える地域は完全に原発に依存しているのです。

もう1つの理由は、核兵器をいつでも製造できる能力を担保することです。日本は東西冷戦の時期からずっとアメリカの核の傘に守られてきました。

常識ある人物が大統領である限り、日本を見放すことはないでしょうが、非常識な人物が就任した場合、日米安保条約が発動されずに日本が中国や北朝鮮の脅威にさらされることも考えられます。

原発が稼働し、日本にいつでも核兵器を製造できる能力があることを示せば、近隣国に日本侵略をためらわせるだけでなく、アメリカにも同盟関係を維持させるための無言の圧力として活用できるのです。

●●電気のために必要であると思います。そばに人を住まわせないような工夫を最初からしていれば問題なかったのかもしれません。節電といっても限度があるので、電気を作ったほうが早いのかもしれません。私達の生活に電気は必要です。

今回の事故があって問題になりましたが、事故がなかったら使用に関して問うこともなかったと思います。私達の生活のためには原発は賛成と思います。電気に気を使っての生活は難しいと思いますし、発展するためには電気の力が必要です。

●●日本(世界)の将来を考えた場合、原発はどうしても必要だと思います。現在の原発以外の発電システムだけでは、将来的に電力が不足することになります。

アメリカ国内の総電力の20%、日本における電力量の約23%を原子力発電が担っていることを考えると、これを失くすことは代替発電システムのない現状では難しいでしょう。世界規模で見てもかなり原発に依存しているのではないかと思います。

水力発電や火力発電については環境・資源への問題も取り沙汰されており、安易にこればかりに依存するのは危険です。そのようなわけで、リスクはありますが原発を推進していくしか現状では方法がないものと考えます。

●●私は原子力発電には賛成ではありません。ただし現状では賛成せざるを得ない状況と考えています。原子力発電をすべて停止した状態で、当然節電をした上で電力がまかなえれば、多少電気料金が高くなっても原子力発電には反対します。

しかし、節電しても日本の産業界が必要とする電力がまかなえないと考えます。短期的には原子力発電の耐震対策を施して稼動させ、長期的に代替発電を整備し、その後に原子力発電を停止する方法しかないと思っています。それには十年以上のの期間がかかるかもしれません。

●●震災で4日程度でしたが停電を体験しました。ほんの数日でありながら、電気がないと何もできないと実感しました。暖まる事も出来ず、TVもネットも使えない為情報も取れず、夜が来るのが怖く感じました。外灯1つない夜があれほど暗いものだとは知りませんでした。電気がない生活は出来ないと思い知りました。

原子力に限らず100%安全な物事はありえないと思います。想定しうるリスクに配慮は必要ですが、コストと発現性の兼ね合いで妥協もしなくてはならないと考えます。

●●原子力発電に関して、私は条件付きで賛成しています。原子力発電に替わる優れた発電方法が発明されて、それが広く使用出来るようになればベストです。しかし、現時点においては原子力発電よりもたくさん電気量を供給出来る方法がないので止むを得ないと思います。

ただし、きちんと安全性が確認出来るシステムと厳しい国の審査を通ったところのみ稼働させる(地盤、住民のいないところ、使用したものを廃棄するための施設が確立されていること、などがすべてクリア出来るところ)というようにすれば良いのではないかと思います。

中立的な意見

●●原子力発電という物にはやはりリスクがあるとは思いますが、現状使っているという事はこれに代わる物は無いという事ではないでしょうか。

もしも原子力発電と同等、もしくは少し劣るくらいの効率のいい発電方法があるのならば、そちらに移行しても良いと思うのですが、現状そのような発電方法があるとは思えないですし、このまま原子力発電をやって行くべきだと私は思っています。

東日本大震災の時には、まさにその原子力発電のリスクである部分が出てきてしまった訳ですが、あの規模の地震は数千年に一度という頻度の地震ですし、危ないから何でもかんでもやめろと言っていたら世の中からは何も無くなってしまいます。

何度も言っていますが、原子力発電と同等の効率の物があれば良いのですが、今すぐに原子力発電をやめて、今まで通りの電気の供給や、今まで通りのコストでの運営が可能なのでしょうか。

新しい発電方法も考えられてはいますが、まだそこまで効率のいい物はないと思います。

●●徐々に減らしていき、最終的には全て無くすことがベターだと感じます。今回の事故に関しては、確率論で言えば、近々に似たような事故が再度起こる可能性は極めて低いと思います。したがって、今の原子力発電所は必要悪として残すべきかなと個人的には考えています。

やはり、いきなり全てを停止することによる経済へのリスクが大きすぎるため徐々に変化というのが好ましいと思っています。ただし、またこのような事故が起きるかは想定が不可能のため並行して安全な発電方法を早急に確立することが必須です。

●●私は原子力発電に対し中立の意見です。原子力発電自体がなければ、あの震災でのここまでの被害が出なかったという事実があるので賛成はできません。

ただ、原子力発電がなくなれば、火力発電に頼ることになり今以上の温暖化が進む事や電気代の値上がりが起こることは間違いないでしょう。そしてなによりアメリカが原子力発電を推進しているという事で日本も結局はやめる事ができないと思います。

そもそもが人間が地球に存在しない原子を作り、それを制御できる状態ではないということがおかしいのではないでしょうか。発電所の運営を続けて技術革新を起こし、制御できるようにするか、もしくは発電所を全廃して、技術進歩の芽を摘むか、非常に難しい選択だと思います。

●●原子力発電による電力供給は、今現在で代替エネルギーが確立されていない以上、「必要です」と言うしかない状況です。

原子力発電以外にも色々な発電方法がありますが、少しのエネルギーで100kWレベルで発電出来るのは原子力発電所だけではないのでしょうか。火力発電所を最大出力にさせてもこれほどの発電量は得られないと思います。

後は昨年から言われている節電対策の話ですが、これにも大きなカラクリがあります。電気は貯めておく事が出来ないので作った電気は使わなくてはならないのです。

だから、いくら深夜に節電と言って電気を消してコンビニエンスストアが営業していても、巨大な電力を使うだろう工場や鉄道などは動いていないので、あまり意味がないのです。この辺りを理解して節電対策を取るべきです。

そして、日本の電力需要を賄える原子力に変わるものが本格的に運用に回せるようになったら、その時は原子力発電所を廃炉する側で声をあげたいです。今は仕方が無い時代なのかもしれません。

●●科学技術の一つとして原子力というエネルギーを使おうとするのはいいと思うのですが、今回の震災での安全面を考えると、とてもまだ人間が実用として扱えるレベルに達していないのではないかと思います。現時点での安全面の技術レベルは実用レベルには達していないと判断できるのではないでしょうか。

また、安全性が確立されたとして、原子力発電の廃棄物をいつまでも処理が出来ずに地中奥深く埋めるしかないというのも技術がまだ未熟だと思います。使用後は全く安全で埋めるなどの処理をしなくてもいいレベルの技術開発が行われて初めて、実用エネルギー発電として使えると考えます。

●●今までのように、「安全」だと言いながらむやみやたらに原子力発電所を作るのには反対です。少しずつ少しずつで良いので、他の事で発電出来ないのでしょうか?また事故が起きた時に「想定外でした」という回答では済まされません。

高い技術があるから原子力では無く、高い技術があるからこそ他に出来るだけ安全な方法で、発電出来ないのかと疑問に思ってしまいます。さすがに電力需要のことを考えると、すぐに停止するというのは反対ですが、他の発電方法を増やしていき、出来れば最終的に原発が無くなれば良いという考えです。

反対派の意見

●●私が原子力発電に反対する理由は、コストが高すぎる上に、大事故が起こった場合、取り返しがつかないからです。

一般的に原子力発電のコストは安いといわれていますが、それは、原子力事故を想定していない場合のコストです。福島の事故を見ればわかりますが、ひとたび原子力発電の事故が起これば、それを収拾するのに数兆円、あるいはそれ以上のコストがかかります。

この事故コストを計算に入れると、原子力のコストは火力や水力などの発電と比べて、非常に高くつきます。これを考えると、原子力発電に反対するのは当然だと言えるでしょう。

また、一度大事故が起こると取り返しがつかなくなるというのも、原子力発電の怖いところです。福島の事故も、まだ完全に収拾できたわけではありません。ここでもう一度大事故が起こると、日本全体が致命傷を食らうかもしれません。その点を考えると、原子力発電に賛成とはとても言えません。

コストの高さ、大事故の恐怖、この2つのデメリットを考えれば原子力発電に反対するのは当然だと言えるでしょう。

●●やはりチェルノブイリや福島の事故が大きな問題だと思います。あのようなことがあったのに…と言う気持ちが強くあります。この先、原発以外になにか方法があるのではないかと思っています。原発以外に何か方法があるのであれば是非その方法を試してみる良い機会ではないでしょうか。

たしかに長所の中にも「安全に運用できれば技術力の高さの証明にもなる」という項目があるのですが、現状このような事故が日本でも起こってしまっているのでしたら問題です。大きな問題は放射性物質の漏洩です。特に近隣に住む方を犠牲にして、日本全体を良くしても全く意味がないと思います。

●●高レベル核廃棄物の処理技術が確立されていない現状で、原子力発電を続けることは、日本という国家にとって、非常にリスクが高いことだと思うので反対です。

推進している専門化は、ガラス固化技術などの処理方法が確立しているかのように言いますが、「実験室に毛が生えたような施設でできていること」と「産業化というレベルでできるということ」は全く違う話だということが分かっていないようです。

また、地層処分などと言う無責任な遺棄体勢を考えるような人間たちに扱える技術ではないということも肝に銘じるべきでしょう。

●●福島第一原発の事故を受けて、日本の半分に近い土地が汚染されました。余りにも広い範囲で大量の放射能が降ったため、事故前だったら大騒ぎであろうレベルの汚染も一部を除き今は「無かった」事にされているような気がします。

食や水に関しても国の安全基準がどうだとか言ってますが、畑にある野菜全てを、その地域一帯を、細かく検査した訳でもなんでもありません。

もし、その野菜達に即死する猛毒が塗られていても同じような検査方法で安全を確認するかというと流石に違うとも思います。結局は放射能汚染による影響は個人差にもよるし、影響が出たとしても現時点では立証が難しい。簡単に言えば、ごまかしが効くんだからどうだって良いみたいな対応にしか見えません。

私は汚染されたものを自分の子供にだって孫にだって食べさせたくありません。皆が殆どの人がそうでは無いでしょうか?原子力発電は無いものとした所からスタートすれば、もっと発達できる技術は沢山あると思います。

それこそ日本の底力を発揮する所なのではないでしょうか。無かった事にしてごまかす政治家達よりも、真実を受け入れて努力している技術者の方や企業の方の方が私は立派だと思います。そのような人達が日本を支えてくれているのだと思います。

●●昨年の東日本大震災でも明らかになったように、原子力発電は、ひとたび事故が起こると、あまりにも人間の健康や農業・漁業に対する悪影響が大きいです。もっとも、電力の需要に対して効率的に対応できるという点では、これまでの取り組みに一定の評価もできるでしょう。

しかし、欠点があまりにも大きすぎるため、利点があるとしても、地球上から原子力発電というやり方をなくしてしまった方がよいと思います。人間の健康のためというよりは、動植物を含む全ての生命のためにも、強くそう思います。

まだまだ研究段階で効率が悪くとも、太陽光発電風力発電のような、自然のエネルギーを活用していくのが、一番よいと思います。原子力発電に注入してきた資源と資産を、これからは自然発電の研究や設置に活用していくべきではないでしょうか。

●●二酸化炭素の排出量は抑えられるかもしれないけれど、リスクはそれ以上だと思われます。コストの安さも、一度の事故で全く意味を持ちません。現時点で処理できない使用済み核燃料が後年の宿題として保管されているという状況では、これ以上原子力に頼るべきではないと考えます。

原子力発電所を再稼動するならば、次世代の燃料に転換できる何年後までに、原子力からの移行を完了するという計画を示し、それに向けて国、電力会社の力をかけてやっていって欲しいものです。

●●賛成か反対か、私の意見は反対です。もし20年前に同じ質問をされたら、賛成だったと思います。では、なぜ今は反対なのか。最近はメディアで取り上げられることも多いのですが、日本(世界)全体の傾向として、風力発電や太陽光発電などのクリーンエネルギーに、注目があつまっています。

技術的に困難なこともあるとは思いますが、原発事故もあったことですし、このあたりでスパッと原子力発電に見切りを付けることで、更にクリーンエネルギー開発に弾みがつくような気がするので、私は原子力発電に反対です。

●●原子力発電は、大きな発電が可能ですが、その分大きすぎるリスクがあります。人の命にかかわります。地震や津波による被害はどうしようもありません。事故は忘れられていくようで怖いです。結局、人体に被害が出始めてから事の重大さに気が付くのかもしれません。

原子力発電は、たくさんの労働力が確保され、街には活気とお金が集まり、生活が豊かになります。何も起こらなければの話です。

しかし、事故が起こってしまうと、人体に大きな影響を与えます。仕事がなくなり、お金も入ってきません。電気を使う立場の人も困りますが、電気を作るために頑張ってきた人にとっては命がかかってきます。

将来、大人だけでなく、事故があったときに小さな子供たちだった人たちは、体に蓄積された放射能によって、いろいろ影響が出てくるかもしれません。毎日、恐怖と戦いながら生活するのは良くないです。子どもを持つ母として私は、原子力発電に疑問を持ち、反対したいです。

DoCoJapan(ドコジャパン)

当サイトでは原子力発電について、こちらのページで全てをまとめてご紹介しておりますが、原子力発電の概要と日本の原子力発電所一覧(新規ページで開きます)というサイトでは、仕組みからメリット・デメリット・問題点、そして日本にある原子力発電所の一覧まで、より詳しく解説しておりますので、併せてご参照下さい。