バイオマス発電

カーボンニュートラルという考え方の元、温室効果ガスを排出しないとされているバイオマス発電は、地球環境に優しい自然エネルギーの一つです。製材廃材や建築廃材のほか、植物からとれるバイオエタノールや、バイオガスなどが燃料となります。

特徴

植物を始めとした生物由来の資源のことをバイオマスと言います。冒頭の通り、廃材やゴミや植物などから作られていて、単純に温室効果ガス(二酸化炭素)を排出しないというだけではなく、資源の有効活用にも繋がるとされています。

仕組みは火力発電と同じです。使用する燃料が火力発電の場合は化石燃料となりますが、バイオマス発電の場合はバイオマスです。より詳しい発電の仕組みや、燃料の種類などに関しては、後述の外部サイトを参考になさってみて下さい。

長所・メリット

バイオマス発電の長所は資源を有効活用した再生可能エネルギーであるという点や、カーボンニュートラルという考え方で温室効果ガスを排出しないとみなすことができる点などが挙げられます。以下に簡単に箇条書きでポイントをまとめてみます。

  • 再生可能エネルギー(自然エネルギー)である
  • 純国産エネルギーである
  • カーボンニュートラルである
  • 限りある資源を有効活用できる

短所・デメリット・問題点

再生可能エネルギーは短所や問題点が少ない傾向にあり、バイオマス発電も例外ではありません。あまり多くの問題点は存在していませんが、現在既に問題点として捉えられていることや、これから問題になると考えられている点などをご紹介します。

  • バイオマス資源の収集と保存にコストがかかる
  • 燃料として使うために食用の作物栽培が減る可能性
  • 収穫量を増やすために耕地を不要に拡大させる人が出てくる可能性

賛成派と反対派

原子力発電と異なり、バイオマス発電の賛成派と反対派にはそれほど目立った対立構造はありません。ただ、風力発電や太陽光発電などといった他の再生可能エネルギーと比較すると、知名度が高いとは言えないのが現状です。「カーボンニュートラル」という考え方そのものの普及も今後の課題と言えそうです。

賛成派の意見

●●バイオマス発電が、今までに発展して来なかったのが不思議なくらいです。私は、その燃料を焼いた時に空気を汚さないのであれば、大いに賛成です。しかし、その燃料を確保する為に、山を切り開いたり、削ったり、木をなぎ倒すという事が起きるのであれば反対です。という事は、中立的な立場になります。

きっと、人間の事ですから、多くの燃料を確保するべく、多くの自然が破壊されるような気がします。うまく今ある自然を活かしつつ、少しの範囲でその燃料になる植物を育ててくれると良いなと思うのです。周りにある自然を破壊しないように、その為の費用を売り上げで捻出してほしいです。

また、焼いた事によって、煙が多く出ると思います。二酸化炭素を多く排出しないような機械を造り、工夫をしてほしいです。もし、山では無く、海の中にあるバイオマスの燃料を使うのであれば、良いなと思います。人々の暮らしと野生動物と命の山の関係を保ちつつ、素晴らしいバイオマスの環境にしてもらいたいです。

●●自然環境に優しいバイオマス発電には全面的に賛成します。3.11の福島原子力発電所の事故以降、日本でも今後のエネルギー政策が最重要課題として注目を集めています。これまで安全で安価とされてきた原子力発電が、実は大変危険なものであるだけでなく、経済的にも大変高コストである事が明らかになりました。

そもそも電気とは、人が豊かで幸せな生活を営む為に必要とされるエネルギーの一つであり、その全てが必ずしも電気である必要はありません。また、電気を発生させるにも、その手段が原子力を使ったものである必要は全くありません。

原子力発電の結果発生する危険な使用済み核燃料の処理方法も決まらず、また明らかに福島の事故も終息していないにもかかわらず、当事者である日本の原子力発電継続の判断は、日本がもはや正常な判断を下せる国家ではないことを世界に知らしめてしまったのではないでしょうか。

日本という国は、そもそも自然災害や環境にも上手に対応していた国でした。そのような国が、バイオマス発電に必要な原料や先端技術も持っているにもかかわらず、尚も原子力発電を続けるということは、自然や地球に対する冒涜以外の何物でもないと思います。

今後は、もっと小規模な地域単位でのバイオマス発電を強化することで、新たな産業と雇用を創出すると同時に、災害に強く安全なエネルギー政策を進めるべきと考えます。バイオマス発電を始め、風力発電地熱発電など、再生可能エネルギーを利用した発電をもっと増やしてほしいです。

●●私がバイオマス発電に賛成する理由は、余っているものと足りないものを上手く組み合わせた発電方法だと思うからです。

言ってみれば、小池都知事か都政において実行しているやり方です。空き家対策と保育園の不足、余っている空き家を利用して足りない保育園に充てる。そんなやり方に似ています。

畜産業が盛んで、人の数よりも牛や豚などの家畜の数のほうが多い地方では、家畜の糞尿の処理が大変だと思います。そして、原子力発電に頼らないエネルギー政策へ変換していくのであれば、再生可能エネルギーの発電量はまだまだ足りない状態です。

バイオマス発電は、この二つを組み合わせて両方の問題を解決できるスマートな発電方法だと思います。バイオマス発電のための木材チップを作るために、新たに森林を伐採するなどしないようにすれば、バイオマス発電は環境にも優しい発電方法になると思います。

中立的な意見

●●バイオマス発電は、主として家畜糞尿や木質廃材等の不要な物質を燃料とするもので、今後、大いに推進されていくべき発電方法です。

ただ、燃料の収集や運搬等のコストが高い事や、有用な食糧部分迄も燃料化してしまい、食糧不足に落ち入る可能性もあるので、実際の発電コストの厳密な確認や燃料とすべきではないものまでも燃料化していないかどうか、十分に注意を払って運用すべきものであり、法的規制がかなり必要な分野であるとも言えます。

また、バイオマス発電は水分を含む原材料を燃料とするものなので、出力されるエネルギーとそのエネルギーを得る為に必要な入力エネルギーとの関連が極めて重要な観点となります。

出力されるエネルギーと殆ど変らないエネルギーを入力しなければならないような場合には、エネルギーの確保という面から見て何の為にもなっていない事になりますが、補助金等が絡むと、殆ど無意味な事業が継続してしまう場合も起こりかねません。

この部分に大きな懸念がある発電方法なので、様々な観点から実際の発電内容の詳細な分析を行いながら押し進めていくべきだと言えるでしょう。

●●「自然界を無闇に破壊へ導かないことを前提とするなら賛成」です。最近よく耳にするバイオマス発電ですが、間伐材や山林未利用材、雑木などを上手く利用して稼働するのであれば賛成です。

よく言われているデメリットには、「食用にも使用できる植物を使うことになる為、農場の規模が拡大されること」や、「新たに森や山を切り開くことで環境破壊が進行する恐れがある」と言ったものがあります。

これらを解消する為には、「間伐材とともに、現在使い道がなくて捨て置かれている山林未利用材を使用する」「雑木処理の受け入れ先としてルートを確保する」という体制を今以上に確立していく必要があると感じています。

実際に上記のような木材を運搬するために費用が掛かることや、運搬時に排出される二酸化炭素等の問題もある為、そう簡単な話ではないことも理解しています。

とはいえ、将来的にこれらのデメリットを解決できれば、誰もが自然とバイオマス発電賛成へとシフトしていくのではないでしょうか。バイオマス発電先進国のスウェーデンをはじめ、他の国々にも負けないように、日本の技術が発展普及していくことを期待しています。

●●バイオマス発電の手法は様々な形がありますが、主にそれぞれの地域の実情の合わせた形態での運用には一定の意義があると思っています。

例えば林野面積が広い自治体なのでは、里山の整備で発生する雑木の処理が必要です。これをバイオマス発電の原料にできるのならば、資源の有効活用や管理費用の節減に繋がられるので、よい影響があると思います。

また、小規模のものではあっても、廃オイルを活用してバイオマス発電が出来るものあるので、地域のコミュニティの活動の一環として単に発電の資源としてだけではなく、社会活動への参加のきっかけになるものとして存在価値が認められる事例もあると思います。

こうしたある程度範囲の限られた活動で小規模の発電でも、今後の社会のあり方としてはとても有意義な取り組みと言えるでしょう。

一方、本来食用に供されるべき作物を大規模にバイオマス発電に使おうということには疑問を覚えます。発電用に新たに作付面積を増やすなどの対応があれば良いのですが、食糧事情の悪化を招くようなやり方は乱暴過ぎる振る舞いに思えます。

反対派の意見

●●私は、効率の悪さを理由にバイオマス発電に反対します。バイオマス材料の運搬や、乾燥などに手間と時間、高いコストがかかるにもかかわらず、それほど大きなエネルギーとならないため、効率が悪いです。

また、たくさんの資源を必要とします。動物の糞尿は農場などではたくさんありますが、木材になるとどうでしょう。限りある資源にもかかわらず、これから更にその資源の取り合いがヒートアップすることになるのは、もう目に見えた未来となります。

今までも散々環境問題として取り上げられてきた資源の枯渇を、新しいエネルギー作成方法で、更に深刻にするようなことはどうかと思います。こういった可能性に対しての考えなどもない中で、新しく効率の悪い手段を取り入れることはあまりよくないと思います。

●●私がバイオマス発電に反対する理由は、地球規模での食糧危機問題が発生しているからです。バイオマス発電には主にトウモロコシが使われていると思いますが、現在、トウモロコシの消費割合は、バイオマス発電が多く占めています。

また、日本のスーパーに並べられているトウモロコシ、この値段自体も上昇しているのが現状です。つまり、バイオマス発電にトウモロコシを使いすぎて、世界でトウモロコシが不足しているという事です。

アフリカに目を向けてみましょう。アフリカでは、毎日多くの人が飢餓で亡くなっています。そのような貧しい人々も世界にいるにも関わらず、食料を使う。このような非道的な愚行はありません。

ましてや、バイオマス発電で得たエネルギーは、主に都市部で使われるのです。大量に作ったならば、貧しい人々に分け与える。これは人間として当たり前の良心とも言えます。

もちろんバイオマス発電によって世界のエネルギー問題が解決することもあると思いますが、それは先進国の自己満足だと思います。

●●バイオマス発電を今すぐやるというなら反対です。基本的に科学技術の発展には時間がかかるものです。長期的に見ればバイオマス発電などに変わっていかなければならないと思いますが、現段階では実用的なものにならないと思います。

まずは、データ収集をしなければなりません。科学的にやるのであれば、誰が見てもわかる客観的なデータが必須になります。それだけでも何年かかるか分からないものです。まだまだ実験を繰り返さなければならない時であり、また危険性があるかもしれませんので、十分すぎるくらいのデータが必要だと考えます。

それに、発電効率がどうなるか分からないと思います。現段階で火力や原子力に匹敵する電力を作り出せるとは到底思えませんし、どれくらいの量で、どれくらいの発電ができるか、一般的にはまだまだ知られていないと考えられます。

たしかに、バイオマス発電はこれからの未来に必要なものになると思いますが、実用化されるのはまだまだ未来の話になると思います。

DoCoJapan(ドコジャパン)

こちらのページではバイオマス発電の仕組みや長所短所や問題点などをまとめてご紹介させて頂きましたが、バイオマス発電の概要と日本のバイオマス発電所一覧(新しいページで開きます)というサイトでは日本全国にあるバイオマス発電所の一覧を始めとした、様々な関連情報をご覧頂くことができます。ぜひ併せてご参照下さい。