積水ハウス

積水ハウスのスマートハウスをご紹介しているページです。積水ハウスでは「グリーンファーストハイブリット」という商品を販売しています。同社は1960年に大手樹脂加工メーカーとして知られる積水化学工業のハウス事業部を母体として誕生した企業で、現在は国内最大手のハウスメーカーとなっています。

グリーンファーストハイブリット

積水ハウスではもともと「グリーンファースト」というブランドを展開していましたが(現在も販売されています)、その進化形として2011年8月に誕生したのがこちらの「グリーンファーストハイブリット」です。同社が提供している戸建住宅の中で最も環境対策レベルの高い製品となっています。

グリーンファーストハイブリットの最大の特徴は3つの異なる電池を組み合わせて、非常に安定した電力供給が可能となっているという点です。燃料電池(エネファーム)と太陽電池(ソーラーパネル)で電力を自給自足し、蓄電池で足りない電力を補うという仕組みです。災害等による停電時にもしっかりと対応することができます。

画像

エネルギーの「つくる」「ためる」「使う」を管理することが重要です。
省エネの実現方法


HEMSによって電力とガスの利用状況を把握することができます。
積水ハウスのHEMS


グリーンファーストハイブリットが非常時でも安心できる3つの理由。
非常時も安心できる理由


まとめと他のハウスメーカー一覧

グリーンファーストハイブリットの簡単な紹介をさせて頂きました。なお、当ページの商品画像は公式サイトより引用しています。最初はどこに見たい情報があるのかちょっと戸惑うかもしれませんが、家の屋根と空が写っている大きな画像の中にある「詳細情報」のボタンを押すと、様々な設備情報を入手できるようになっています。