住友林業

住友林業のスマートハウスをご紹介しているページです。住友林業では「スマートソラボ」という商品を販売しています。江戸時代の1691年に創業し、株式会社として設立されたのが1948年という長い歴史を持っています。なお、社名からもお分かりの通り、三井住友銀行や住友商事とともに住友グループに属しています。

スマートソラボ

スマートソラボは木を効果的に活用しているスマートハウスです。風通りが良くなるように設計されているため、夏はより涼しく過ごすことができるようになっています。また、太陽光をたっぷりと取り込めるような設計となっているため、冬は逆に効率的に家を暖めることができます。屋外の樹木の配置にも気が配られています。

そしてスマートハウスと言えば忘れてはならないのがエネルギー関連設備です。エネルギー管理に欠かせないHEMSはもちろんのこと、太陽光発電システム・エネファーム・家庭用蓄電池・V2H(電気自動車に蓄えられている電力を家庭内で使うシステムのこと)を装備することが可能となっています。

画像

スマートソラボを構成する様々な設備を表したイラストです。
スマートソラボの概要


HEMSで省エネ・創エネ・蓄エネを管理することができます。
HEMSの構成図


前述のV2Hの仕組みです。電気自動車が家庭用蓄電池にもなります。
V2Hの仕組み


まとめと他のハウスメーカー一覧

スマートソラボの簡単な紹介をさせて頂きました。なお、当ページの商品画像は公式サイトより引用しています。公式サイトでは各設備のより詳細な解説のほか、全国各地のモデルハウス検索や資料請求などが可能となっています。ご興味お持ちの方は、ぜひ一度公式サイトもチェックしてみて下さい。