メリットと課題

エネルギー戦略を語る際には再生可能エネルギーや原子力発電などがよく議題に上がりますが、忘れてはいけないのがスマートハウスです。

スマートハウスが増えれば日本全体のエネルギー需要を抑えることができますし、各家庭の電気料金やガス料金などを節約することもできます。そんなスマートハウスのメリットと課題をご紹介します。

メリット・利点

まずはスマートハウスのメリットをいくつかご紹介したいと思います。

省エネで節約

当サイトでご紹介している「HEMSのメリットと課題」のページと重複する内容となりますが、スマートハウスならエネルギーの使用量がモニターやタブレット端末ですぐに把握できるため、利用者の省エネ意識が高まります。

また、一般家電よりも電力使用量が少ない省エネ家電やスマート家電などを採用したり、エネファームに代表されるガスコージェネレーションシステムを導入することなどでも、家庭内の電気代節約へと繋がります。

創エネで売電

創エネというと屋根にソーラーパネルを設置して、太陽光エネルギーを利用して発電するというのが一般的ですが、創った電力が使用電力よりも大きい場合は、その余りの分を電力会社に売ることができます。これを売電と言うのですが、特に難しい手続き等は必要ないため、家庭用太陽光発電システムの大きなメリットとなっています。

蓄エネで停電対策

地震や台風の多い日本では、いつまた停電が発生するか分かりません。もちろんそのようなことが起きなければ最高なのですが、万が一に備えて家庭用蓄電池を持っておくと、停電時にも緊急的に電力を使用することができます。

また、緊急時のみならず、電気代の高い日中に蓄電池の電力を使って、電気代の安い夜間に蓄電池に電力を蓄えるといった方法で、電気代の節約に利用することも可能です。これを「ピークシフト」や「ピークカット」と言います。

課題・問題点・デメリット

先にスマートハウスの主なメリットを3点ほどご紹介させて頂きました。しかしながら、スマートハウスにも課題やデメリットがあります。その中でも普及の最大の障壁となっているのが「お金の問題」です。

イニシャルコストの問題

先述のメリットの項目では、省エネや創エネや蓄エネを駆使して電気代を節約することができると書きましたが、これらはスマートハウスに関連した設備を導入した後の話です。問題は導入する際に設備への費用が発生するという点です。

つまり、省エネならHEMSや省エネ家電の費用が、創エネなら太陽光発電システム導入の費用が、蓄エネなら蓄電システム導入の費用が発生します。仮にHEMSだけを導入するのであれば補助金制度を利用して数万から高くても十数万程度の初期投資で済みますが、他の各システムはそれほど安くはありません。

もちろん太陽光発電システムにも蓄電システムにも、それぞれ異なる補助金制度が設けられています。しかし、その補助金制度を利用したとしても、両方とも数十万から数百万の費用は発生してしまうのです。

「設備導入のために多額の資金を最初に支払うこと」と「導入後の電気代の節約額」を天秤にかけてみると、長期的に見れば導入した方がお得にはなります。ただし、初期費用が嵩んでしまうため、私たちのような一般消費者にとっては言われるほどのコストメリットを感じにくいかもしれません。