太陽光発電と蓄電池

更新日:2018年8月13日

スマートハウスは省エネ設備・創エネ設備・蓄エネ設備の3つから構成されていますが、創エネ設備の代表的存在であるのが太陽光発電で、蓄エネ設備の代表的存在であるのが家庭用蓄電池です。当サイトではその両方のコンテンツを扱っておりますので、それぞれについて簡単に解説をしたいと思います。

太陽光発電

まずは太陽光発電のご紹介です。太陽光を使って発電するということは、今では誰もが知っているようなことになりました。10年以上前から、一般住宅にソーラーパネルを搭載して太陽光発電を行うということがPRされてきたということもあり、今では非常に多くの方がその存在を認識しています。

補助金の誕生が家庭用太陽光発電システムの普及促進に大きな影響を与え、現在ではソーラーパネルが設置されている住宅の屋根を見かけることも増えてきました。そんな太陽光発電ですが、「太陽光発電」の項目にて詳しい解説を行っていますので、以下に箇条書きにしてご紹介させて頂きます。

家庭用蓄電池

続いて家庭用蓄電池のご紹介です。太陽光発電と比べると脚光を浴びるようになったのは割と近年になってからです。

2011年の震災を機に家庭用蓄電池の重要性が見出され、大手メーカーを中心に様々な企業が家庭用蓄電池の製造開発に本腰を入れ始めました。

「環境共創イニシアチブ」や「東京都環境公社」が蓄電池への補助金制度を開始し、太陽光発電ほどではありませんが、少しずつ普及が進みつつあります。

こちらは「家庭用蓄電池」の項目に、蓄電システムそのものの解説や、製造メーカーの比較などといったコンテンツを用意しております。詳しく知りたいという方はぜひ以下の各ページを参考になさってみてください。